045-901-6660

営業時間:平日・土曜:11:00~21:00  日曜・祝日:11:00~19:00

ストレッチを知ろう!

ストレッチは、体の伸張運動で柔軟体操の1つです。

目的にあった方法やタイミングで行うことで、

効果も出やすくなります。

ストレッチは、筋肉の緊張をほぐし集中力を高めたり、

関節可動域を広げたり、血行を良くする効果などが期待できます。

ストレッチの種類

●スタティックストレッチ

30秒ほどゆっくりと身体を伸ばしていきます。

一般的にストレッチと聞いてイメージするのが、このストレッチです。

●ダイナミックストレッチ

反動を使わず、身体を動かしながら行います。

肩回しや屈伸運動など、軽い動きを使ったストレッチです。

また、ラジオ体操もこのストレッチの1つです。

●バリスティックストレッチ

ダイナミックストレッチの1種で反動を使います。

伸張の最後に反動をつけて伸ばします。

イメージしやすいのはアキレス腱をぐっぐっと伸ばすストレッチです。

ストレッチをする上での注意点

・急に伸ばさない

急に伸ばすと、かえって筋が硬くなったり、傷めてしまうことが

あります。伸ばしたい部分を意識し、ゆっくり伸ばしていきます。

・呼吸を止めない

伸ばすことに集中すると、呼吸を止めてしまいがちです。

呼吸は自然にゆっくり行うことで、緊張を緩める効果があります。

・運動前と運動後のストレッチ

運動前:ダイナミックストレッチやバリスティックストレッチ

がおすすめです。運動前に過度なスタティックストレッチを行い、

筋肉を伸ばし過ぎることで、筋力やパワーが低下する可能性があることが

分かっています。

ただ、身体を温める程度のスタティックストレッチは問題ありません。

運動後→スタティックストレッチ

使った筋肉をゆっくりと伸ばしましょう。

運動後はクールダウン目的で。運動で収縮した筋肉の長さを

戻し、伸張反射を緩めます。

1回きりではなく、こまめに伸ばしていくと効果的です。

また、一人で行うストレッチも良いですが、ペアストレッチも

おススメです。

自分では届かない部分にアプローチし、力を抜いた状態を

作れるので、より効果も期待できます。

 

体を知る『レエールメールマガジン』