ダイエットに適切な運動とは?

痩せたい!ダイエットしたい!でもどんな運動がいいのかわからない。辛い運動をしても効果が出ないと結果は出てきません。では痩せるための運動とはどういうものなのか?

ダイエットに適切な運動とは?

2715167ad107982190de65bc144102f5_s

痩せる為に運動をしよう!と思った時、皆さんはどんな運動を思い浮かべますか?

ウォーキング、ジョギング、水泳・・・。
多くの方が有酸素運動を思い浮かべると思います。

これまで痩せる為の運動=有酸素運動というのが一般的でしたが、
最近ではこの考え方が覆されているのです。

運動は大きく分けて2種類ある

運動には大きく分けて2種類あります。

  • 有酸素運動
  • 無酸素運動

有酸素運動とは

酸素を必要とする運動で、
体に取り込んだ酸素を使って糖質や脂肪を燃焼させエネルギーを生み出します。
ウォーキングや縄跳び、サイクリングなどが代表的な運動です。

無酸素運動とは

あまり酸素を使わず、
短時間に強い力が必要となる運動で、
糖質が主なエネルギー源となります。
筋力トレーニングや短距離走などが代表的な運動です。

有酸素運動は割と長時間続けられて、
全身の筋肉を使うので沢山のエネルギーを消費します。

なので、

やはりダイエットには有酸素運動が有効なのでは?と思いますが、
実は脂肪が燃焼する仕組みに大きな秘密があったのです。

 脂肪が燃焼されるまで

人間の体は効率良くエネルギーを使えるように、
ブドウ糖を体内に貯蔵しやすいように変換した
グリコーゲンという物質を筋肉と肝臓に貯えています。

人間はエネルギーが必要になると、
まず筋肉に貯蔵してある筋グリコーゲンを使います。

次に、更にエネルギーが必要な時には肝臓で作られ血中にも存在するブドウ糖が使われます。
それでもまだエネルギーが必要になった時、
ここでやっと脂肪の燃焼が始まります。

いかがでしょうか?脂肪燃焼までの遠い道のり・・・。

 効率良く痩せる為に

無酸素運動と有酸素運動を組み合わせる事が大事!

無酸素運動といえば筋力トレーニング。

筋力トレーニングをすると、成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが分泌されるとより多くのエネルギーが求められ、
グリーコーゲン→ブドウ糖→脂肪の消費がスピーディーに行なわれます。

更に脂肪から遊離脂肪酸への分解速度が促進されますので、
より脂肪が多く燃焼されます!

筋力トレーニングと言っても、スクワットや腕立て伏せや腹筋など、
道具や場所が無くてもお手軽に始められるエクササイズも沢山ありますので、
スクワットをしてからウォーキングをするなど気軽に出来ることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

本格的にダイエットのために運動をお考えのあなた
マンツーマンでのトレーニングで
自分に合ったダイエットトレーニングを
『パーソナルトレーニングコース』を