肩こりのついて考える

肩こりを諦めないでほしい。肩こりの原因はほとんどが姿勢の悪さ。では姿勢の悪さは何からくるのでしょうか

肩こりについて考える

abb6cfe50c46774490aeb013caf0bdfe_s

こんにちは、レエール代表の廣谷です。

整体師として20年。

肩こりとで悩んでいる人、
肩こりを諦めてしまっている人が余りにも多くて残念です。

「肩こり」は誰もが知っている症状ですが、
案外、正確に知っている人が少ないので、
今回は肩こりについてお話をしたいと思います。

肩こりはただ単に肩が凝るだけではない

現代病の代表的とも言える肩こり。

今では小学生から肩コリを訴える人たちも大勢います。

整体師として20年

現場で沢山のクライアントさんをサポートしてきましたが、
肩こりを訴える人のほとんどが
肩の凝りよりも、肩甲骨の周りの凝りを訴える人の方が多くみられます。

肩の凝りよりも背中の凝り?

では何故、肩や背中が凝るのでしょうか?

肩こりの原因は肩甲骨の動き

腕の骨(上腕骨)はどこについているのでしょうか?

 

答えは

背中です。

 

案外、知らないでしょう。

 

上腕骨は肩甲骨に付着し、
肩甲骨は鎖骨、鎖骨は胸骨に付着して
連動して動かしているのです。

 

しかーーし!

 

ほとんどの人が肩甲骨を上手く動かせていなくて、
腕を動かしているので、
肩周りのトラブルが多いのです。

四十肩や五十肩の原因もこれです。

上腕骨=肩甲骨=鎖骨

この3つの骨が連動し、
正しく動かせていたら、
肩のトラブルは少ないと言われています。

肩こりの原因の一つです。

何故肩を連動して動かないのか?

主な原因は姿勢です。
猫背姿勢です。

猫背姿勢がこの3つの骨の連動を妨げているのです!

猫背姿勢=肩甲骨前傾姿勢で腕を動かしていると、
肩甲骨と上腕骨の連動したリズム(肩甲上腕リズム)が
連動しなくなり、バランスを崩します。

肩こりの原因を取り除く

結局、肩こりの原因は悪い姿勢なので、
姿勢を正すことが改善策につながります。

だから肩や肩甲骨回り、背中の硬くなった筋肉をほぐせばいいのではなく
姿勢を正しくすることを心がけてください。

でもどうやって姿勢を正しくするの?

 

そもそも姿勢が悪くなる原因って何か知っていますか?

 

色々な原因は考えられますが

 

  • 強張った筋肉
  • 弱くなった筋肉

この2つの原因から姿勢が崩れることがほとんどです。
もちろん怪我や他の要因もありますが。。。。

硬くなった筋肉は、骨や関節を引っ張り姿勢が悪くなり、
弱くなった筋肉は、強い筋肉に引っ張られ姿勢が悪くなります。

 

そうです!

だから肩こりはほぐすだけではダメなのです!

 

僕も長年、肩こりの人に筋肉をほぐしたり、
関節調整をしていました。

でもなかなかよくならなくて調べていくうちに
腕と肩甲骨のバランスが悪くなっていることに気づき、
その原因が強張り筋と弱くなった筋の存在がわかり、
筋肉をほぐすメニューやコース、
関節調整をするコースだけでなく、
しっかりトレーニングで鍛えるコースも作りました。

肩こりのまとめ

  • 肩こりの原因は腕と肩甲骨のバランスの悪さからくるもの
  • そのバランスを崩しているのが姿勢の悪さ
  • 姿勢の悪さは硬くなった筋肉、弱くなった筋肉が原因

まだまだ肩こりを諦めないでほしいです。
周りの人も皆肩こりだからって、
まっいいか‼では済まさないように!

 

肩こりの延長には四十肩や五十肩も起こる可能性があります。
胸郭出口症候群や頸椎ヘルニアなど、
肩こりの延長で起こる症状があります。

だから諦めないで!