汗をかけない原因は冷え!?~汗を出して体質改善~

汗をかけない原因は冷え!?~汗を出して体質改善~ : 腰痛や膝痛など体のトラブルでお悩みなら、整体などのメンテナンスと、パーソナルトレーニングなどで体をサポート。気になる姿勢なども『レエール』にお任せください。たまプラーザ駅から徒歩5分で土日も営業しています。

汗をかけない原因は冷え!?~汗を出して体質改善~

 

汗っかきで悩む方の方が多いかもしれませんが、汗をかけないのが悩みという方も結構いらっしゃいます。

汗をかかないことにより、冷え性、疲れやすさ、むくみなど体に不調が出ることも。

汗をかきやすい体質になるためには、どのような事をすれば良いのでしょうか。

 

♦汗をかけない原因♦

・筋肉量の低下 

汗をかけない人は、運動不足などにより筋肉量が低下している場合が多いです。

筋肉量が少ないと、基礎代謝が低く体温が上がりにくい状態になります。

そうなると温熱性発汗(体温調節のための発汗)が行われなくなります。

また、血液循環が悪くなり、免疫力が低下し疲れやすくなってしまいます。

・体が冷えている

夏場など、冷房のきいている所でずっと過ごしていたり、

冷たい飲み物やアイスを好んで摂取していたりすると体は冷えます。

体が冷えると、熱を外に逃がさないように発汗を抑えるようになります。

本来人間の体は汗をかいて体温調整を行いますが、涼しい所でずっと過ごしたり、冷たいものをたくさん摂ることにより、

この機能は衰えてしまいます。こうなると、暑い所でも体がうまく反応できず、汗をかきにくくなります。

・水分をあまり摂らない

汗の主成分は水です。体内の水分量が不足すると汗の量は少なくなります。

・加齢

加齢に伴い、脱水の傾向が強くなっていきます。基礎代謝の低下や冷えの症状も現れやすくなり、

また、皮膚の老化により汗腺が委縮してしまうなどして、汗の量も減ってしまいます。

 

他に汗腺減少していたり、病気などが原因の場合もあります。

 

♦汗をかかないことによるデメリット♦

汗をかかないことによるメリットもあると思いますが、デメリットの方が多いのではないでしょうか。

汗をかけないと体温調整が出来なくなります。熱が身体にこもって熱中症になったり、

汗をかけないことで出るはずだった水分が体に残り、その水分が冷え冷え性になりやすくなります。

そうなると、体内に老廃物がたまりやすくなり、

免疫力の低下や自律神経の乱れにより体に不調が出てきてしまうこともあります。

また、体臭や肌トラブルなども起こしやすくなるので、できるだけ汗を出していきたいですね。

 

♦汗をかくための改善方法♦

〈体の中から温める〉

・冷たいものはできるだけ控え、飲み物は常温か温かいものを心がける。

・甘いお菓子や、白砂糖の使ったものを控える

・体を温める食材を積極的に摂る(冬が旬のもの、根菜類、黒.赤.オレンジ色の野菜など)

・適度な運動(ウォーキング、ヨガ、お風呂上がりのストレッチなど)

〈体の外から温める〉 

・シャワーだけでなく湯船につかる(半身浴やゲルマニウム温浴)

 

汗をあまりかかない方は適度な汗をかくことで、デトックス効果が期待できます。

体を冷やさずに温める習慣が大事ですね。

 

レエールではゲルマニウム温浴を行なっております。

体質改善されたいと思った方はぜひこちらのアンケートにお答え下さい。

お答え頂いた方には、ゲルマニウム温浴3回回数券プレゼント致します。

 

アンケートはこち

冷え症でお困りの方はこちら