スポーツにおける膝の障害

スポーツにおける膝の障害 : 腰痛や膝痛など体のトラブルでお悩みなら、整体などのメンテナンスと、パーソナルトレーニングなどで体をサポート。気になる姿勢なども『レエール』にお任せください。たまプラーザ駅から徒歩5分で土日も営業しています。

スポーツにおける膝の障害

膝は体重を支える重要な部分です。

関節を伸ばした状態では正面からの衝撃に弱く、また体重が過度に重いと負担がかかり、

障害が起こりやすい部分です。

 

膝ってどこからどこまで?

膝は脚の関節で、腿と脛をつなぐ部分です。

「大腿骨と脛骨で作られる関節」「大腿骨と膝蓋骨(膝のお皿)で作られる関節」の2つの

関節で構成されています。

 

膝蓋骨(膝のお皿)の役割

膝蓋骨は、大腿四頭筋と膝蓋靭帯の間にある三角形の骨で、大腿骨の前面の溝に沿って動きます。

主の機能は

①前方からの圧力や衝撃に対する関節の保護

②膝を伸縮する為の支点となることで、中心軸と伸展機構の距離を大きくし、作用効率を約5割高めています。

普段何気なく行っている屈伸運動のような単純な動きでも、膝蓋骨は大きな影響を受けています。

例えば、体重60㎏の人がしゃがみこむ場合、お皿は420㎏の圧力を支えています。

その為、膝蓋骨とその周囲は力のバランスが少し崩れるだけでも、障害や不安定な状況を引き起こす可能性が高いのです。

代表的な膝関節のスポーツ障害

・ジャンパー膝、ランナー膝

・鵞足炎

・オスグットシュラッター氏病  など

スポーツ中のダッシュや跳躍、方向転換等の動作には、膝に捻りや衝撃を加えるものが多く、

怪我が重症化しやすい傾向があります。

スポーツにおける怪我には2種類あります。スポーツ外傷スポーツ障害です。

この2つを合わせてスポーツ傷害と呼ばれています。

スポーツ外傷は、骨折や脱臼、捻挫等、外からの圧力で骨や筋肉、靱帯や腱等を損傷する怪我。

それと違ってスポーツ障害は、繰り返しのストレス等で痛みが出る症状です。予防が大切です!

膝はスポーツなどによりトラブルの発生率が高い部分です。

ストレッチやメンテナンス、トレーニングなどで障害を防いでいきましょう。

スポーツケア